<< 2018/09トップページ2018/11 >>
2018年10月24日

末松 智 金沢城復元画展〜利家公の肖像〜

◆石川国際交流サロン◆

【展示情報】

時間:10:00〜18:00 ※(金)(土)は20:00まで

※10月29日(月)は休館日、最終日は11月4日(日) 17時まで

場所:石川国際交流サロン(金沢市広坂1丁目8−14)


「末松智 金沢城復元画展〜利家公の肖像〜」 開催中です。


毎年恒例となっています 歴史復元考証画家の末松智さんの展覧会です。
13年間オーストリアのウィーンで留学・活動され美術や考古学を学ばれ1998年から金沢城の復元画を手掛けていらっしゃいます。




今年の新作展示は「利家公の肖像画」です。

加賀藩祖 前田利家を生前に描いたとされる肖像画を参考に、骨格や顔のパーツ、それに羽織の模様などを細かく復元し、利家を立体的に描かれました。
歴史的な資料に基づき正確に復元する取り組みはもちろん、ご自身で実際に着物を着て帯の感覚を感じてみたり、利家の目をリアルに表現するために、年輩の方にご協力をいただき顔(目元)写真を撮って参考にしてみたり、徹底した作品作りをされています。


ギャラリー(蔵)の他にも、和室のお部屋にも作品を飾らせていただき合計13点の作品がご覧いただけます。
ご来場を心よりお待ちしております!


なお、作品の写真撮影は禁止となっております。どうぞご了承ください。
※画像の無断転載・無断使用を禁じます。


投稿者:石川県国際交流協会at 16:27 | 国際交流サロン | コメント(0)

2018年10月19日

モスクワ日本語・日本文化クラブKENROKUのIJSP修了式

18日、モスクワ日本語・日本文化クラブKENROKUの日本語研修生4名への修了証書授与式が行われました。

このクラブKENROKUは、かつて本県の国際交流員であったセルゲイ・リプキン氏がモスクワで立ち上げた団体であり、当協会では平成24年から受け入れています。。

2週間という短い研修期間でしたが、彼女らの表情からはこの研修がとても充実したものだったという満足感がうかがえました。

帰国後も、石川県のファンとして友人・知人などに本県の良さをどんどんPRしてもらいたいと思います。













投稿者:魚 直樹at 11:57 | IJSP | コメント(0)

2018年10月12日

豪日協会(秋期)のIJSP修了式

12日(金)に豪日協会秋期グループのIJSP修了証書授与式が行われました。
彼らは職業もバラエティに富んでおり、また年齢も20代から70代と大変幅広いグループ構成になっています。
2週間という短い期間でしたが、彼らの笑顔からこの研修に皆とても満足したことがうかがえました。
修了式当日のパフォーマンスで、彼らは「Home Among The Gum Trees」という歌を合唱しました。オーストラリアでは有名な曲らしいです。(ちなみに、Gum Trees はユーカリの木のことのようです。)
帰国後も、石川の良き理解者として将来再び来県されることを願っています。




投稿者:魚 直樹at 16:32 | IJSP | コメント(1)

2018年10月9日

平成30年度上半期を振り返って

皆さんこんにちは、国際交流協会専務理事の魚です。
今年4月に着任して半年余が経過しましたが、ようやく初めてのブログ投稿となります。
実は私はこれまでブログの経験がなく、また元来筆無精なものですからなかなか踏ん切りが付かずここまで来てしまいました。これからは、筆まめだった田西前専務のようにはいきませんが、ぼちぼちと投稿していきたいと思います。
御蔭様で、IJSP(石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラム)の方は、今年度ここまで順調にきており、9月末時点で23グループ、220人余りの研修生を受け入れております。下期においても100人以上の受入を予定しておりホストファミリーの皆様には引き続きご協力のほどよろしくお願いいたします。
また、毎年恒例の県民フェスタは9月30日に実施しましたが、事前に台風の接近が予想されたため屋外の催しを取り止めざるをえませんでした。そのため例年に比べると寂しい内容となってしまいましたが、それでも多くの方にお越しいただき大変ありがたく思っています。
今後とも国際交流協会をよろしくお願いします。  

投稿者:石川県国際交流協会at 16:44 | お知らせ | コメント(2)

インスタレーション3人展2018 大場吉美×齋藤久子×三井泰子

◆石川国際交流サロン◆

【展示情報】

時間:10:00〜18:00 ※(金)(土)は20:00まで

※10月15日(月)は休館日、最終日は10月21日(日) 17時まで

場所:石川国際交流サロン(金沢市広坂1丁目8−14)

「インスタレーション3人展2018 大場吉美×齋藤久子×三井泰子」 開催中です。


毎年恒例となっています、お三方の展覧会です。
サロンの空間に現代的でユニークな作品が展示されています。



◆UMAの卵〈未確認生命体3号〉(左)
◆UMAの巣床〈未確認生命体4号〉(右)


作者のおひとり齋藤久子さんの作品をご紹介いたします。
玄関正面に「なんだこれは!」と目を引くような作品が…近づいてみると色んな形をした手のようなものがいくつもあります。ご覧いただく方によって想像力が膨らみます。どの角度から見ても不思議で面白いです。ギャラリー(蔵)の作品は架空の生命体が増殖していく様を表現した作品です。神秘的であり、エネルギッシュであたたかい感じがする大変ユニークな作品です。


今回も全館展示となっております。作品はもちろん、サロン(和の建築様式)の空間の素晴らしさもぜひご覧いただきたく思います。和室の襖を取り外した今回、雰囲気や見える景色が変わり大変新鮮です。ご来場をお待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 14:46 | 国際交流サロン | コメント(0)

2018年10月2日

自遊花人 花展「秋のいろどり」

◆石川国際交流サロン◆

【展示情報】

時間:10:00〜18:00 ※(金)(土)は20:00まで

※最終日は10月7日(日) 16時まで

場所:石川国際交流サロン(金沢市広坂1丁目8−14)



自遊花人 花展「秋のいろどり」 開催中です。


毎週ボランティアでサロン内に生け花をして下さっている自遊花人の皆さんの展示です。
今年の5月に水引展をされ大好評だった皆さん、今回は秋の草木・花を使った花展となります。
ギャラリー(蔵)内や広間では、空間を最大限に利用し秋の草木・花を生き生きと展示して下さいました。各和室やお手洗いにおいても可愛らしい作品がございます。


代表の廣瀬美紀子先生は「国際交流サロンで展示できることに感謝しながら、毎回『一期一会』の気持ちで後悔のないよう展示させていただいています。」とお話して下さいました。


「百聞は一見に如かず」、この空間をぜひたくさんの皆さまにご覧いただきたく思います。
ご来場をお待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 16:52 | 国際交流サロン | コメント(0)

<< 2018/09トップページ2018/11 >>
▲このページのトップへ