<< 2018/08トップページ2018/10 >>
2018年9月20日

山下晴子 和と遊ぶ

◆石川国際交流サロン◆

【展示情報】

時間:10:00〜18:00 ※(金)(土)は20:00まで

※9月24日(月)は休館日、最終日は9月30日(日) 15時まで

場所:石川国際交流サロン(金沢市広坂1丁目8−14)


「山下晴子 和と遊ぶ」 開催中です。


石川県能美市在住、世界的に活躍されている彫刻家の山下晴子さんの展示です。
金沢歌劇座、金沢市立泉野図書館や加賀産業道路などの彫刻作品、普段の生活の中で山下さんの作品をご覧なったことがある!という方もいらっしゃるかもしれません。
山下さんは金沢大学教育学部・金沢美術工芸大学彫刻科を卒業後、「ホンモノ」の現代彫刻を学びにパリへ、その後も世界中を飛び回り制作活動をされています。
「自分」というものを表現したくて無機質の「石」を選んだこと、「石」自体未知の部分が多く「ホンモノ」を学ぶために自ら行動したこと、制作の原点を丁寧にお話下さいました。


今回、決して広くはない限られたサロンの空間を最大限に活用し展示して下さいました。

ギャラリーに展示されている発泡スチロールでできている作品、タイトルはついていないそうです。作品そのものを「見て」「感じて」いただきたいということです。
和室には石と金属の作品、お庭にもユニークな丸いオブジェが展示されています。石の彫刻作品は西洋のイメージが強いですが、純和風のサロンの和室において壁(土)と石のバランスが見事にマッチしております。

展示タイトルにもあるように、「遊ぶ心」を忘れず「楽しんで」モノを作る山下さんの素敵な展示は今月いっぱい開催中です。

皆さまのご来場をお待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 12:39 | 国際交流サロン | コメント(0)

2018年9月6日

刻「刺し子と錆びアートのコラボレーション」

◆石川国際交流サロン◆

【展示情報】

時間:10:00〜18:00 ※(金)(土)は20:00まで

※9月10日(月)は休館日、最終日は9月16日(日) 16時まで

場所:石川国際交流サロン(金沢市広坂1丁目8−14)


「刻『刺し子と錆びアートのコラボレーション』」 開催中です。


金沢美術工芸大学卒業生で現在大阪在住の 森 和弘さん・政子さんの展示です。

森 和弘さんは和紙に載せた鉄粉と銅粉の錆びを用いた作品など、絵の具を使わない金属の時間による変容と人の作為の産物「錆びアート」の22点を展示してくださっています。森 政子さんは約40年間 刺し子制作をされており その集大成として16点の展示をしてくださっています。ひと針ずつ丁寧に模様を描いたタペストリーや はんてん、鞄など 日本の伝統的な刺繍技術の「刺し子」を間近でご覧いただけます。


異なる素材の作品たちが見事にサロンの空間にマッチしております。
皆さまのご来場をお待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 16:37 | 国際交流サロン | コメント(0)

<< 2018/08トップページ2018/10 >>
▲このページのトップへ