<< 2018/03トップページ2018/05 >>
2018年4月25日

−GW特別企画− 花岡コレクション加賀のお国染より「Japan Blue 加賀の藍染〜江戸末期から昭和初期〜」

現在開催中の展示「−GW特別企画− 花岡コレクション加賀のお国染より Japan Blue 加賀の藍染〜江戸末期から昭和初期〜 」


時間:10:00〜18:00 ※(金)(土)は20:00まで

※4月30日(月)は定休日、最終日は5月6日(日)17:00まで



 毎年ゴールデンウィークとお正月に開催される花岡コレクションの展示。今回で14年目27回目となりました。毎回お越し下さるリピーターの方、実はご覧になったことのない初めての方、外国の方、いずれの皆さまがご覧いただいても加賀の藍染の「美」と「COOL」を間近に堪能していただけるまたとない機会でございます。


今回、「野良着(のらぎ)」と言われる田畑で農耕作業をするときに着用する仕事着や「夜着(よぎ)」と言われる着物の形をした大形の掛け布団の展示など、初出品11点を含む合計32点の展示内容となっております。

また、和室に「花嫁のれんくぐり」 体験コーナーを設けました。

「花嫁のれん」は北陸地方、特に石川県に見られる婚礼時の伝統文化で、娘の幸せを願って嫁ぎ先に渡される嫁入り道具の一つで、婚礼当日に花嫁は嫁ぎ先に提げられた同のれんをくぐり嫁入りする。という風習がございます。この機会にぜひ花嫁気分を味わってみてはいかがでしょうか。



皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 11:51 | お知らせ | コメント(0)

2018年4月18日

「更谷 富造 漆アート展」

現在開催中の展示「更谷 富造 漆アート展」

時間:10:00〜18:00

※(金)(土)は20:00まで、最終日は4月22日(日)





  【雲龍(2018)】





 26歳で海外に移住し、漆芸品の修復、作家活動を始めてから今年で43年になる更谷さん。
「150年後でも人々の心に感動を与えうる、価値の落ちない作品づくり」が彼のコンセプト。

 今回の展示では、普段は見ることのできない「作品をつくる過程」をご覧いただけます。
素地となるもの、使用している道具や染料など、更谷さんが実際に使用されているものが作品と一緒に展示されております。



ただ漆の本質を求め、時代を超えた魅力と質に拘らんとする作家の姿をみていただければ幸いです。(更谷さんのDMより)






皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 11:28 | お知らせ | コメント(0)

2018年4月11日

智土 茂 香籠・香袋展(亡弟とともに)

只今の展示:智土 茂 香籠・香袋展(亡弟とともに)


開催時間:10:00〜18:00


※(金)(土)は20:00まで、最終日4月15日(日)は15:00まで




ただ今 国際交流サロンでは「智土 茂 香籠・香袋展(亡弟とともに)」を展示しております。





香籠、香袋を作り続けて23年になる智土 茂(ちど しげ)さん。

お嬢様の結婚が決まり花嫁道具のひとつとして衣装箪笥に忍ばせ持たせてあげたいと思ったことが香籠をつくるきっかけとなったそうです。ひとつひとつ丁寧で心のこもった作品は本当に素敵です。

京都で職人をされていた弟さんが3年前にお亡くなりになり、今回 故人を偲び智土さんの作品と一緒に写真パネルや作品展示がございます。











皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 13:19 | お知らせ | コメント(0)

2018年4月4日

5人の写真仲間 それぞれの作品展

只今の展示:5人の写真仲間 それぞれの作品展


開催時間:10:00〜18:00

※(金)(土)は20:00まで、最終日4月8日(日)は17:00まで

ただ今国際交流サロンでは「5人の写真仲間 それぞれの作品展」を展示しております。


国画会写真部ほくりくに所属する石川県在住の写真仲間5人のそれぞれ独自の視点による約30点の季節感あふれるユニークな作品展です。



入口には満開の「枝華桜」の作品が皆さまをお出迎えし、
金沢市ひがし茶屋街の風景や白山市白峰の古民家など、自由なテーマでギャラリーを彩っております。









皆さまのご来場を心よりお待ちしております。





投稿者:石川県国際交流協会at 12:14 | お知らせ | コメント(0)

<< 2018/03トップページ2018/05 >>
▲このページのトップへ