<< 2015/09トップページ2015/11 >>
2015年10月25日

インスタレーション4人展〜平成27年11月1日(日)まで



只今の展示:インスタレーション4人展

開催期間:平成27年10月20日(火)〜11月1日(日)



開催時間:10:00〜18:00

(金)(土)は20:00まで、最終日11月1日(日)は17:00まで



休館日:平成25年10月26日(月)



現在サロンでは、毎年恒例のインスタレーション4人展が開催中です。



榮田満さん、大場吉美さん、斎藤久子さん、三井泰子さんの4人による本展覧会は、サロンの和の空間を利用した空間芸術展です。「非日常に出会える空間」を作品作りの一つの軸として、4氏それぞれが毎年自由な発想で作品を製作されています。今年の3月にメンバーの1人の榮田さんが亡くなり、4人展という形での展覧会はこれが最後となります。





こちらは斎藤さんの作品です。サロンのミニギャラリー全体を巣床に見立てて作品が展示されており、未確認生命体の巣の中にいるような不思議な感覚が味わえます。材料はゴム風船や紙粘土などですが、硬いのか柔らかいのか、重いのか軽いのか、おそらく見る人によってイメージが違うのではないでしょうか。斎藤さんがいらっしゃる時であれば実際に触ってみることもできるそうです。





広間に展示されているこちらの作品は大場さんの作品です。ツルツルの石に、エアブラシで目や口が描かれています。目や口といった一番表情の出る部分が石に描かれることで、まるで無機質なものに命が宿ったような感覚に陥ります。





こちらは榮田さんの作品です。木の板や立方体などを、補色関係にある2色で彩っています。今回展示されている作品は、これまでの展覧会で展示してきたいわば集大成です。サロンで榮田さんの作品が展示されるのは今回が最後になるかもしれませんので、ぜひご来館ください。





最後に、こちらは和室で展示されている三井さんの作品です。お孫さんの影の形をかたどっているそうです。左右対称にかたどられたプラスチックが二つ並んでいますが、片方はプラスチックミラーになっています。作品を見る位置によって映り込むものが違うため、立つ位置によってさまざまに作品の表情を変えます。サロンの空間がうまく活用されています。



繰り返しになりますが、今年が最後の4人展となりますので、お時間のある方はぜひサロンにお立ち寄りいただき、4氏のインスタレーション展をお楽しみください

投稿者:石川県国際交流協会at 14:40 | サロン展示 | コメント(0)

2015年10月23日

トリノ大学(2カ月)IJSP研修生の研修修了式

 トリノ大学(2カ月コース;イタリア)8名の石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSP研修修了式を行いました。

 8名はとても陽気な研修生という印象が強いです。2カ月という研修期間は長いようですが、彼らは日本語学習、日本文化体験、ホームステイを思いっきり楽しんだという気持ちが伝わってきました。

 また、10月4日、リファーレを会場に開催した「多文化が共生する県民フェスタ」では、イタリアを紹介するブースを出展して、ステージショーでは全員で楽しいダンスを披露してくれました。

 修了式の記念写真撮影では2人の男子学生が真っ先に私の隣の席に駆け込むように座り、ちょっとびっくりしました。女子大生の多いIJSPで両側に男子学生が座ったのはこれが初めてと思います。
 

投稿者:田西秀司at 14:14 | IJSP | コメント(0)

2015年10月19日

お帰りナンシー

 2013年、石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSPにイナルコ(フランス)から参加したナンシー・ハジオニーがIFIEを訪ねてくれました。

 2週間前から金沢に来て、ホストファミリーの娘さんの結婚式に参加、京都観光旅行を楽しんで、今日、帰国するとのこと。

 今、彼女は銀行に勤めているとのこと。ナンシー、よく来てくれました。ありがとう。

投稿者:田西秀司at 17:07 | いしかわ同窓会 | コメント(0)

中国の友人を訪ねる旅

10月11日〜18日に、高専時代の同級生と二人で中国旅行をしてまいりました。

 本来同窓生とのまったくの個人的な旅行の予定でしたが、これまでの中国との交流関係もあって、たくさんの友人たちと再会、交流をしてまいりました。

 西安の種ケイカさんは金沢の女性と結婚した人ですが、来年春節時に西安の高校生・大学生を当協会の石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSPに参加させたいので相談に乗ってほしいと言われています。

 九寨溝で案内していただいた梁晋さんは以前、在名古屋中国総領事館で科学技術担当の領事をされていて、現在、四川省の四川省国際科学技術合作協会の会長で、四川省の優秀な高校生を私の協会で受け入れて、石川県の高校生との交流や大学、研究機関の訪問などをさせてほしいというお願いをされています。

 上海では、初代石川県上海事務所駐在員をしていたこともあり、これまで石川県に留学や研修で滞在したことのある中国人の方々(いしかわ同窓会)と石川県に関係のある日本人の方々(石川県人会)の合同の交流会を開催いたしました。ギターを借りてみなさんで「朋友」を合唱しました。

 また、南京では、江蘇省人民対外友好協会のお世話で石川県に派遣された歴代国際交流員やIJSPにこれまで参加した南京大学の研修生のみなさんにお声かけして集まっていただきました。

 私はどちらかというと、観光名所を訪ねる旅より、友人・知人を訪ねる旅が好きです。
19856330c504ba7f

投稿者:田西秀司at 15:22 | いしかわ同窓会 | コメント(0)

2015年10月10日

只今の展示:末松智 金沢城復元画展 玉泉院様丸御門〜平成27年10月18日(日)まで

只今の展示:末松智 金沢城復元画展 玉泉院様丸御門

開催期間:平成27年10月6日(火)〜10月18日(日)

開催時間:10:00〜18:00
(金)(土)は20:00まで、最終日10月18日(日)は17:00まで

休館日:平成25年10月12日(月)


現在サロンでは、末松智さんによる金沢城の復元画展が開催されています。末松さんは1985年から13年間留学したウィーンで美術、考古学を学び、日本に一時帰国した1998年から金沢城の復元画に取り組まれています。現在は金沢美術工芸大学、金沢学院大学、金沢医科大学で非常勤講師を務めながら、制作活動をしていらっしゃいます。

メインギャラリーに展示されている「玉泉院様丸御門」は、現在石川県が復元に向けて調査を進めている鼠多門・鼠多門橋が描かれています。現在この場所には石垣しか残っていませんが、過去の写真や絵図などを参考に、当時の姿が見事に再現されています。

「二之丸御殿式台(玄関)」では、金沢城二の丸地図という昔の絵図に描かれている畳の枚数や石畳の枚数などから、当時の二之丸の形や大きさを計算し、正確な復元画が出来上がっています。

ご存知の方も多いと思いますが、参考までに、こちらが二ノ丸御殿があった場所です。現在は広場になっており、何も残っていません。末松さんの作品は、様々な資料から、こういったほとんど何も残っていないような場所にあったものを描いています。どれほど大変か想像もできないほどですね。ここにどんな建物があったのか見てみたい!という方は、ぜひサロンにいらしてください。

今回の展覧会では、玉泉院様丸御門をはじめとした油絵4点、金沢城本丸三階櫓などを描いた鉛筆画が6点の計10点の作品が展示されています。

これから紅葉のシーズンとなり、兼六園や金沢城に行かれる方もたくさんいらっしゃると思いますが、末松さんの作品をご覧になってから行かれると、在りし頃の生々しい金沢城の姿を想像できると思います。ぜひ会期中にサロンに足をお運びいただき、作品をご覧になってください。

なお、本展覧会の写真撮影はご遠慮いただいております。ご了承ください。

投稿者:石川県国際交流協会at 17:15 | サロン展示 | コメント(0)

2015年10月9日

豪日協会、ラーニングセンター・ベクスリーのIJSP研修修了式

 豪日協会・秋期グループ(オーストラリア)とラーニングセンター・ベクスリー(イギリス)の合同チーム20名の石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSP研修修了式を行いました。

 2週間という短い研修期間でしたが、お天気にも恵まれ、全員がこの研修が最高だった。また、必ず金沢に来ますと言ってくれました。
 是非、帰国後も続けて日本語を勉強して、また、金沢に来てほしいです。とても明るい20名の研修生でした。

投稿者:田西秀司at 18:02 | IJSP | コメント(0)

モスクワ日本語・日本文化クラブKENROKUのIJSP開講式

 モスクワ日本語・日本文化クラブKENROKU7名の日本語研修生の石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSP開講式を行いました。
 元ロシア国際交流員のセルゲイ・リプキンさんの尽力により2012年から参加していただいており、今年が4回目の受入れです。

 いつもならセルゲイさんにもご挨拶をしていただくのですが、一昨日から当地で第1回JET地域国際化塾というイベントが総務省と石川県の共催で開催されていて、セルゲイさんも現在のロシア国際交流員のアンナ・アンドリューヒナもそこに参加しているためロシア語通訳も日本語のレベルの少し高い研修生に通訳をしていただきました。
 私は、今年ロシア語をアンナ先生に習っていますが、「おはようございます(Доброе утро)」の挨拶だけロシア語でさせていただきました。

 今は行楽の秋で、みなさんは最高の時期に来ました。日本語の学習、日本文化の体験はもとより、金沢市内を思う存分歩き回って充実した研修となるよう頑張ってくださいと激励しました。
 

 

投稿者:田西秀司at 15:43 | IJSP | コメント(0)

2015年10月7日

スティーブン・ネズビット(豪日協会)のIJSP修了

 石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSPに参加している豪日協会・秋期グループ17名のうちの一人であるスティーブン・ネズビットさんが都合により10月9日の修了式を待たずに、本日、プログラムを修了し、修了証書を授与しました。

 とても明るくて気さくな方で、現在、オーストラリアで高校の先生をしているのだが、来年4月から横浜のインターナショナルスクールの小学生の先生として日本に来るそうで、そうしたらまたそのときはIFIEに必ず来ると言って笑顔で去って行きました。

投稿者:田西秀司at 16:56 | IJSP | コメント(0)

ベトナム学生・若手研究者グループ日本語研修生のIJSP修了式

 ベトナム学生・若手研究者グループ4名の石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSP修了式を行いました。

 日本語の学習はもとより、日本文化体験、能登研修旅行、県民フェスタでのベトナム紹介ブースの出展、いろいろな課外活動、そして家族同様に過ごせたホームステイ、4名とも充実した研修ができたと喜びを伝えてくれました。
 必ず何度も金沢(石川)に戻って来たいという言葉と別れの涙がその充実感を物語っていました。
 

投稿者:田西秀司at 16:19 | IJSP | コメント(2)

2015年10月4日

県民フェスタ写真集

 石川県国際交流協会IFIE最大のイベント「多文化が共生する県民フェスタ」を開催しました。

 先週末には、北日本で発生した爆弾低気圧の影響で台風並みの大風が吹き荒れてお天気が心配されましたが、お陰様で冷たい風が吹いたものの爽やかな秋晴れに恵まれました。

 今年は北陸新幹線が開通し、連日多くの観光客が金沢市内を散策しており、今日も大勢の観光客の方々が立ち止まってステージショーを観てくださったり、世界の料理屋台でたくさん召し上がっていただきました。

 46の国際交流団体やJETプログラムで参加している青年たち、ステージ−ショーにボランティア出演してくださるグループ、そして、このイベントに参加して楽しんでいたけるみなさま方がおられてこのイベントが成功しています。改めまして心から感謝申し上げます。

 すべてを紹介することはとてもできませんが、概要の写真集を作成しましたのでご覧いただければ幸いでございます。
 また、来年も開催する予定でございますのでどうぞよろしくお願いいたします。
9145614b0bc3c655

投稿者:田西秀司at 18:28 | イベント | コメント(0)

2015年10月1日

ユーラシア言語大学のIJSP開講式

 ロシア・イルクーツク州にあるモスクワ国立言語大学付属ユーラシア言語大学(旧イルクーツク国立言語大学)の研修生7名の石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラムIJSP開講式を行いました。

 石川県とイルクーツク州は友好交流の長い歴史があり、石川県ロシア協会も積極的に交流を行っています。ユーラシア大学は2008年から毎年IJSPに参加していますが、毎回、石川県ロシア協会が研修生を支援しており、開講式で中村勲会長が研修生に温かい激励のことばをかけてくださいました。

 通訳をしてくれたロシア国際交流員のアーニャは2008年のIJSP研修に参加して、当時のロシア国際交流員セルゲイ・リプキン(大学の先輩)の活躍する姿に感動し、昨年から国際交流員として活動しています。こんな素晴らしい彼女をお手本にして頑張るようにと激励しました。

 また、10月4日に開催するイベント「多文化が共生する県民フェスタ」のステージで、「луч солнца золотого」というロシアの歌を私とアーニャが披露することを伝えると全員がその歌を知っていると微笑みをもって応えてくれました。
 

 

投稿者:田西秀司at 11:42 | IJSP | コメント(0)

<< 2015/09トップページ2015/11 >>
▲このページのトップへ