<< 2014/09トップページ2014/11 >>
2014年10月28日

〜空・天空皆空情景〜 田浦隆透美術展 平成26年11月9日(日)迄

只今の展示:〜空・天空皆空情景〜 田浦隆透美術展
展示期間:平成26年10月28日(火)〜11月9日(日)
展示時間:10時〜18時
休館日:11月3日(月)
(金)(土)は20時まで、最終日は17時まで。


現代美術家協会会員である田浦さんは、1965年から現在に至るまで、金沢、東京、大阪、名古屋、富山、福井などの各都市で個展及び集団展を開催されるなど、華麗な美術活動経歴を持つ画家です。
田浦さんは祖父の影響を受け、生と死について子供時代から考えるようになり、今はその心情を作品に託しているとのことです。

---田浦隆透の独り言---
私はいずれ死ぬ。
原因は生まれたからである。生じたものは、必ず滅する。
生死一対、生死一如である。
これは生物に限らず、
この地球もあの太陽も夜空に煌めく星たちも。
それぞれ生死流転している。
天空を仰ぐ、----------------------
この大宇宙もこの地球という星の最新科学で解明されている
原子は、5%にも満たないという。
皆空の心で生きる。----------------------
“人生生涯より坂、頂上が天寿”〜と。
真善と美を求め、金沢・卯辰山の麓で独り暮らし。
静かに生きている。


一切の存在は、実体ではなくすべて空であるという仏教の根本教理。

自分の殻を破り、自由の世界へ。舞う蝶が祝福をしてくれる。
40年前に描かれた作品だそうです。

白装束に書かれた仏教の八苦の一つである言葉「愛別離苦」。

「花咲き、花散る、光も影も、この世のなさけ、
うつろふもまたたのし」
展覧会当日の朝に、即時に描かれた作品だそうです。

田浦さんならではの発想力で描かれた力作を是非ご覧ください。
作品を通して、仏教・神道世界について新しい考え方がきっと発見できるでしょう。

投稿者:石川県国際交流協会at 15:53 | サロン展示 | コメント(0)

2014年10月24日

トリノ大学2カ月グループ研修生の修了式

 今日は、イタリア・トリノ大学2カ月グループ8名の石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラム(IJSP)の研修修了式でした。

 修了式では、私どもが作成して研修生やホストファミリーに見せるいつものスライドショーの後に、彼女たちが研修中に作成した自分たちがおもしろおかしく動き回る動画を披露してくれました。本当に愉快な仕上がりでとても楽しませてくれました。

 2カ月の間には、金沢大学、金沢工業大学、石川高専と学生同士の交流もたくさん行いました。また、当協会主催の「多文化が共生する県民フェスタ」でもイタリア紹介ブースを出展していただきました。

 これからも、ますます日本語に磨きをかけて、日本(石川・金沢)とイタリアの交流の架け橋として頑張ってもらいたいと思います。
 また、いつの日か金沢に戻って来てくれることを心待ちにしています。
 


投稿者:田西秀司at 16:02 | IJSP | コメント(0)

2014年10月23日

アンドリューさんご来館

 10月21日(火)今年度のマンスフィールド財団のフェローとして7月〜8月に研修に来ていたアンドリュー・ダーファーさんが石川県国際交流協会IFIEを訪ねてくれました。

 現在東京で、日本政府の関連省庁や同等の非政府機関での研修に励んでいるアンドリューさん。偶然仕事で金沢へ帰ってくる機会があり立ち寄ってくれたとのこと。

 仕事の後で寄ってくださったので、残念ながら多くの職員、また先生方とお会いすることはできませんでしたが、忙しい時間を割いてくださりとても嬉しく思います!

 今週の金曜日までは金沢に滞在するとのこと。金沢でも東京に戻られてからも頑張ってください!

またチャンスがあればぜひ帰ってきてくださいね!








田西です。

 今の今、10月23日(木)、アンドリューがまた協会に来てくれました!日本語が夏の研修のときより上手です!

 彼は今週、石川県庁の薬事衛生課と県内医療機器製造企業を訪ねて仕事をしてきたそうです。現在、東京で専門研修中ですが、その関係で再び石川を再訪できたのはラッキーでした。

 昨晩までホテルに宿泊していましたが、今晩は夏の研修でホームステイをしていたホストファミリー宅に泊まるとのこと。
 何と、ホストファミリーのところへ行く前に協会のロビーで日本語を勉強させてほしいと言って、夏の研修の宿題をやっていたときのようにロビーで勉強を始めました。
 本当にまじめなアンドリューです。頭が下がります。
 

投稿者:石川県国際交流協会at 15:08 | いしかわ同窓会 | コメント(0)

2014年10月17日

県民フェスタ写真集

 日本列島をまともに縦断した大型台風19号の影響が心配された今回の「多文化が共生する県民フェスタ(10月12日)」ですが、間を縫うかたちでお天気に恵まれたくさんのお客様にご来場いただき、素晴らしいイベントになりました。イベントに携わったスタッフの日頃からの行いが良かったお陰と思っています。

 前日(10月11日)は、風が強くて料理屋台やステージ等の屋外のテントを張ることができず、一時は屋外イベントの中止も検討しましたが、翌日(当日)早朝から関係者のみなさんが総出でテントを張っていただき、当日はほとんど風のない素晴らしい秋の好天に恵まれ、終日盛り上がることができました。

 多くの日本人と外国人のみなさんが交流できました。
 写真集を作成しましたので、ご覧いただければ幸いです。544082577b3ee.pdf

投稿者:田西秀司at 11:15 | イベント | コメント(0)

2014年10月14日

只今の展示:末松智 金沢城復元画展 〜幻の宴〜 平成26年10月26日(日)迄

只今の展示:末松智 金沢城復元画展 〜幻の宴〜
展示期間:平成26年10月14日(火)〜10月26日(日)
展示時間:10時〜18時
(金)(土)は20時まで、最終日は17時まで。
休館日:10月20日(月)


金沢学院大学、金沢美術工芸大学大学院で非常勤講師を勤める復元画家末松智さんの展覧会が、開かれています。
ウィーンに滞在13年、美術と考古学を修め、帰国後その経験を生かし、金沢城の復元画に約17年間取り込んでいるそうです。


古い絵図や現存する建物を参考に透視図を起こし、そこから絵を制作しています。建物の位置を可能の限り精確に表現し、技を凝らした復元画の集大成です。
鉛筆で繊細に仕上げた東の丸の丑寅御櫓や巽御櫓の素描、油絵で描かれた臨場感のある二之丸御殿式台、金沢城玉泉院丸空中庭園等が展示されています。
歴代加賀藩主が居住、執務した金沢城の往時の姿を是非ご体感ください。
作品の撮影は禁止となっておりますので、ご了承ください。

投稿者:石川県国際交流協会at 15:55 | サロン展示 | コメント(0)

2014年10月10日

豪日協会・秋期グループ修了式

 今日は、オーストラリアから来ていた豪日協会・秋期グループ6名の石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラム(IJSP)の修了式でした。

 豪日協会は春期と秋期の日本のベストシーズンに日本語研修生を派遣してくれています。この2週間もとても過ごしやすい天気でした。彼らは、兼六園、那谷寺などの素晴らしい景観を満喫したようです。

 また、今回の研修で一番良かった体験はホームステイだったと彼らは口を揃え、ホームステイに感動していました。また、必ず金沢に帰ってくるとも言ってくれました。

 今日の修了式で、彼らはオーストラリアらしい(コアラやカンガルーが登場する)歌を歌ってくれました。とてもチームワークが良かったです!
 
 

投稿者:田西秀司at 10:53 | IJSP | コメント(0)

2014年10月9日

モスクワ日本語・日本文化クラブKENROKUの開講式

 今日は、先日のロシア・イルクーツク州のユーラシア言語大学に続いて、首都モスクワから参加してくれたモスクワ日本語・日本文化クラブKENROKUの11名の研修生の石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラム(IJSP)開講式を行いました。

 クラブKENROKUの参加は3年目で、クラブを率いる元ロシア国際交流員のセルゲイ・リプキンさんが引率して来てくれましたので、セルゲイさんにもご挨拶をいただきました。

 11名は高校生から社会人まで幅広い年齢層ですが、彼らは学校で専門的に日本語を学んだ経験はなく、日本や日本文化に興味があって独学で日本語を勉強している人たちです。ですので、レベルの差もいろいろですが、日本語を学ぼうとする意欲は並大抵のものではありません。写真を見ていただくとその真剣さが伝わってくると思います。
 これから4週間、日本語研修、日本文化体験、ホームステイ、県内視察など楽しく充実した日々を過ごしていただきたいと思っています。

 今日も、現在のロシア国際交流員のアンドリューヒナ・アンナ(アーニャ)が通訳をしてくれましたが、今日は尊敬する大先輩のセルゲイの前ということで、緊張と喜びが見て取れました。

 石川県国際交流協会では、10月12日(日)にリファーレで「多文化が共生する県民フェスタ」を開催しますが、研修生の中でバイオリンとピアノの演奏をしたいという人がいいて、ぜひ、演奏を聴かせてもらおうと思っています。
 ただ、大型台風19号が連休をめがけて日本列島に接近しており、イベント当日の天候が大変気になります。何とか無事にイベントができるよう祈っております。
 

 

 


投稿者:田西秀司at 14:30 | IJSP | コメント(0)

2014年10月8日

ベトナム学生・若手研究者グループの研修修了式

 今日は、ベトナム学生・若手研究者グループ4名の7週間にわたる石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラム(IJSP)の修了式でした。

 彼女たち(研修生)4名は、IJSPへの参加するために日本研究論文を提出し、厳しい審査を経て難関を突破してベトナム全土から選ばれてまいりました。

 今回、彼女たちは北陸大学で学生たちと交流を行いましたが、その場で彼女たち研修生が一人ずつその論文のプレゼンテーションを行いました。北陸大学の学生たちは彼女たちの日本に寄せる関心の高さに感動し、その後の交流も大変盛り上がりました。
 交流会が終わって、小倉勤学長(理事長)も交えて記念写真も撮りました。

 修了式で何がとりわけ良かったかと尋ねたところ、同時期に研修に参加していたフランス、ドイツ、イタリアの学生たちとも日本語で交流して友だちになれたことでした。

 修了式の前に日本語でのプレゼンテーションを行いましたが、その中で「自分個人の利益のために日本語を学ぶ人が多いが、私たちは学んだ日本語をベトナム国家の発展のために役立てたい」と力を込めて語ってくれたことがとても印象的でした。

 彼女たちが、将来、再び、石川(金沢)に帰ってきてくれる日を楽しみに待ちたいと思います。
 

 

 


投稿者:田西秀司at 12:18 | IJSP | コメント(0)

2014年10月6日

モスクワ国立言語大学付属ユーラシア言語大学日本語研修生の開講式

田西です。

 今日は、石川県の友好交流地域でありますロシア・イルクーツク州からモスクワ国立言語大学付属ユーラシア言語大学の8名の学生を石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラム(IJSP)日本語研修生として受入れ、開講式を開催しました。

 これまでイルクーツク国立言語大学という大学名でしたが、今年からモスクワ国立言語大学付属ユーラシア言語大学と大学の名称が変わりました。

 研修生8名(全員女性)はこれから2カ月間、ホームステイをして日本人家庭での生活をしながら、日本文化体験も織り交ぜながら日本語を勉強してまいります。

 今日は、現在、当協会で国際交流員であるアンドリューヒナ・アンナが通訳をしてくれました。 研修生たちに、2008年にIJSPに参加したアンナがその後もしっかりと日本語を勉強して、今、こうして石川県のロシア人国際交流員として活躍していることを紹介し、先輩を見習って一生懸命勉強してほしいと伝えました。

http://www.ifie.or.jp/japan/ifie/member/russia/member_russia.html

 アンナが2008年にIJSPで研修に来ていたとき、当時のロシア人国際交流員はセルゲイ・リプキンで、彼の素晴らしい活躍ぶりを見て、アンナも彼を目標に頑張ったということです。

 今日は、田中展郎石川県ロシア協会副会長がわざわざ研修生の激励にお越しくださいました。ありがとうございました。
 

 

投稿者:田西秀司at 14:41 | IJSP | コメント(0)

2014年10月3日

県民フェスタを開催します!

田西です。

 今年も恒例の「多文化が共生する県民フェスタ」を盛大に開催します!
 日時:10月12日(日) 10:00〜16:00
 会場:石川県国際交流センター(駅前リファーレビル)

 今年も盛りだくさんのプログラムを準備しています。以下のURLから概要をご覧ください。
http://ifie.or.jp/article.php/20140912142210685_ja


 ご参考までに、去年のフェスタの様子は以下のURLからご覧ください。
http://ifie.or.jp/staffblog/upload/525de04b4074b.pdf


 さて、今年のプログラムをもう少し細かく紹介しましょう。

 「ステージショー」

Townsend = ポピュラーソング
かなざわ紙芝居倶楽部 = 紙芝居
国際恐竜バンド = ヒット曲メドレー
美奏塾 = じょんから中節
ラボ国際交流センター = 世界の歌
ベリーダンスサークル のほほん?ベリー = ベリーダンス
IFIEバンド = 外国語の曲
マハロフラスタジオ&ラ・ティアレ = フラダンス
For Batch(フォーバッチ) = 津軽三味線
インターナショナルクラブ PPI Ishikawa = サジョジョ踊り
GUETO CAPOEIRA = カポエラ
田んぼのタニシ = ギター弾き語り


 「世界の国」紹介ブースは12カ国です。
アメリカ、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、韓国、フランス
ニュージーランド、ロシア、ジャマイカ、イギリス、イタリア


 「世界の料理屋台」

小松市国際交流協会 = シュハスコ、ウインナー
石川県台湾華僑総会 = ココナツミルク、台湾風焼米粉
インターナショナルクラブ = チーズケーキ、TahuIsi、豆ごはん、豆コロッケ、チキンカレー
在日本大韓民国婦人会石川県地方本部 = チヂミ
石川県海外移住家族会 = 南米コーヒー、南米マテ茶、南米駄菓子、記念グッズ
石川ペルシャクラブ = ケバブサンド、トルコアイス、トルコビール
金沢ベトナム人留学生の会 = フォー
ガーデンホテル金沢 = おでん、炊き込みご飯
KuLOs = コーヒー、クッキー、レトルトカレー、ドライマンゴー、紅茶
石川バングラディッシュ友人協会 = 白ポラオ、チキンカレー
日本・タヒチ友好協会 = マキシドイド、オリジナル、ノニTEA
石川県華僑華人聯誼会 = 炒飯、ゴマ団子、春巻き、杏仁豆腐
NPO法人YOU-I = ブリヌィ、トッポギ
北陸とエチオピアをつなぐ会 = コーヒー、紅茶、ドーナッツ、バナナ、ポップコーン


 「日本文化体験」

茶道(呈茶) = 石川インターヒューマンネットワーク
折り紙 = 紙和座
華道 = 石川インターヒューマンネットワーク
遊書掛軸 = ペンと筆 アート工房
着物着付け = 山野流着装教室

 そして豪華景品がもらえる「お楽しみ抽選会」

台湾エバー航空 = 小松〜台北(往復)ペア航空券 1
中国東方航空 = 空港ラウンジ利用券 5
ホテル日航金沢 = ペアディナー券 1
ANAホリデイ・イン金沢スカイ = ランチ券 3
金沢東急ホテル = ペアランチ券 1
金沢セントラルホテル = 食事券 5
ホテル金沢 = ギフト券(1,000円) 5
金沢国際ホテル = 焼き菓子詰め合わせ 1
ポッカサッポロフード&ビバレッジ = 玉露入りお茶 72


おみやげグッズ(中国伝統工芸品など:写真参照)

(写真をクリックすると拡大できます)
彫刻硯(墨付き)           泥人形
 



漆工芸




投稿者:田西秀司at 13:07 | イベント | コメント(0)

<< 2014/09トップページ2014/11 >>
▲このページのトップへ