<< 2013/02トップページ2013/04 >>
2013年3月4日

世界の砂漠を緑で包む会講演会

 昨日(3月3日)、石川県地場産業振興センターでNPO法人世界の砂漠を緑で包む会(会長:大沢俊夫)主催による第10回新春緑化講演会「世界の里山・里海」が開催されたので参加しました。

 世界の砂漠を緑で包む会は、事業実施地域住民の自主的かつ自発的な環境保護活動を支援し、環境に優しい循環型モデル事業を実施することを目的に1998年に設立されました。

 2003年にはNPO法人になるとともに、中国内蒙古のゴビ砂漠(阿拉善盟)での緑化事業をスタートし、その後、2009年から天津、2011年から台州と中国の3カ所に事業地域を拡大しています。

 さらに、現在、急速に裸地化が進行しているアフリカ・エチオピアでの植林事業をJICA専門家の水野昭憲氏と取り組みを始めています。

 また、2011年から県・森林公園の放置林の整備活動を実施する中、地元小学生や保護者の参加を得て「山もみじ」の植樹も行っています。

 県内にたくさんの民間国際交流団体がありますが、いわゆる国際協力を行う団体としてはその活動ぶりに目を見張ります。

 女性会員の多くが参加している西部チャイナヘルスクラブによる太極拳演舞に続いて、大沢会長の開会挨拶、そして、金沢大学大学院人間社会環境研究科准教授香坂玲氏が「生物多様性の宝庫 里山・里海」と題して里山・里海の解説、日本における里山・里海の重要性などを詳しくお話いただきました。

 また、JICA専門員水野昭憲氏からエチオピアで緑化事業の取組について、現地NGO団体との調整の状況報告、森田伸彦副会長から森林公園の事業の状況報告を交えた閉会挨拶で講演会を終了しました。

 
西部チャイナヘルスクラブによる太極拳演舞

 
大沢俊夫会長開会挨拶    香坂玲金沢大学准教授による講演

 
水野専門員エチオピア関連説明   森田副会長閉会挨拶

投稿者:田西秀司at 15:45 | 国際理解 | コメント(1)

2013年3月2日

日印国交樹立60周年

 昨日(3月1日)、石川インド協会主催の日印国交樹立60周年記念講演会と交流会が金沢ニューグランドホテルで盛大に開催されました。

 講演会は、塩谷マクスーダ石川インド協会会長の開会挨拶の後、ディーパ・ゴパラン・ワドワ駐日インド全権大使と堂道秀明前駐インド大使(現JICA副理事長)による講演がありました。

 ワドワ大使は、森喜朗元総理の功績と石川インド協会の活動を称えながら、日印両国の発展において石川県の果たす役割は大きく、谷本知事を表敬訪問した際に、県内の中小企業がインド進出に関心を持つようなビジネスセミナーを開いてほしいと要請し、谷本知事も開催に前向きだと述べられました。

 堂道大使は、日本とインドとの関係について、歴史的背景や経済、政治について分かりやすくご説明いただきながら、インドの持つ優位性、日本とのこれからの重要なパートナーとなることを予測し、積極的な交流を促されました。

 交流会では、北陸先端科学技術大学院大学に留学しているインド人学生らによるマントラが唱えられ、60周年記念行事にふさわしい荘厳な雰囲気に包まれました。

 谷本知事は、ワドワ大使を歓迎する挨拶のなかで、まだ、インドには訪問したことがなく、ぜひ、一度訪問したいと述べられました。

 石川インド協会からワドワ大使へのおみやげの贈呈のとき、マクスーダ会長とワドワ大使が抱き合って喜ぶ姿は印象的でした。

 私は、テーブルに同席された4人の在日インド人のみなさんとも交流ができて良かったです。最後には、ワドワ大使との記念写真もしっかり撮らせていただきました。

 
     塩谷マクスーダ石川インド協会会長の開会挨拶

 
ワドワ駐日インド全権大使      堂道秀明前駐インド大使

 
北陸先端科学技術大学院大学留学生   谷本正憲石川県知事

 
ワドワ大使とマクスーダ会長      在富山県インド人男性

 
在石川県インド人女性      ワドワ大使との記念写真(右が私)

投稿者:田西秀司at 16:42 | 国際理解 | コメント(2)

<< 2013/02トップページ2013/04 >>
▲このページのトップへ