トップページ2011/06 >>
2011年5月27日

外国の歌を原語で歌おう!(3)

Здравствуйте!Tanishiです。
 3回目の今回は、ロシア語の歌に挑戦です!

 ロシア語は英語のアルファベットと同じ文字の発音がぜんぜん違うものになって余計に惑わされます。
 たとえば、ロシア語のВはvと発音され、Нはn、иはi、Рはrなどと発音されます。下手に英語を知っていると慣れるまで大変です。本当は文字で発音できるように努力すれば良いのですが、私は最初から発音記号に頼ってしまったので、今でもロシア語のアルファベットだけで読むのは難しいです。

  私がロシア語で歌を歌いたいと思ったのは、Р=rの発音が気に入ったからだと思います。舌先を上顎(ウワアゴ)につけてそこから息を吐き出すと、舌の振動でルルルル・・・という音が出ますね。このル(Р)の振動音に魅力を感じてロシア語の歌を歌いたいと思いました。
  かといって、ロシア語のポップミュージックは日本ではあまり流れていないです。そこで、小学生の頃に音楽の時間に習った「カチューシャ」「トロイカ」を練習することにしました。

  Youtubeで手当たり次第聴いて、気に入ったものを録音し、歌詞に発音記号を付けて(本当は付けないほうが良い)特訓したら、何とかカチューシャは歌えるようになりまして、4月に開催された歓迎会にアカペラで披露させていただきました。
  本当はロシア・イルクーツクから来ている国際交流員のジェーニャにも聴いてもらいたかったのですが、あいにく彼は不在でした。でも、ロシア語のできる日本人職員に確認したら「完璧」と言われ、お世辞半分以上と受け止めてもとても嬉しかったです。
 
 さて、それではまず「カチューシャ」です。 幾つも聴きましたが、私は小学生(?)の姉妹「Sisters Tolmachevy」が歌うカチューシャが大のお気に入りです。
1114ddb85cb9d4679004ddb87138d662

 続いて「トロイカ」です。
 以前、誰かからトロイカは日本では軽快なリズムに編曲されて明るい歌だが、ロシアの原曲は悲哀に満ちた歌だからロシア人の前で歌わないほうが良いと言われたことがあり、そうなのかと思いつつYoutubeで幾つか聴きましたが思ったほど暗いイメージではなかったので、ジェーニャに確認したらロシア人の前で歌えば喜ばれると言われ、これも練習しましたが、まだ、完璧に歌えるほどにはなっていません。

 この歌は「Nisha」の歌うトロイカが一番好きなのですが、それは歌い方が難しいので「Farvat」の歌うトロイカを練習しています。もう一人「リュドミラ・ズィーキナ」という歌手の曲と合わせて3曲歌詞をそろえました。現在、残念ながらYoutubeで「Farvat」のトロイカを聴くことができなくなっています。仕方ないので、ちょっと歌唱力が要求されますが「Nisha」の歌詞を載せますので頑張って練習してください。(もし、他の二人の歌詞がほしかったらsenmu@ifie.or.jpまでご連絡ください。お送りします。)
1784ddd8f479b071 9834ddb89d74cb3c
 カチューシャ(Sisters Tolmachevy):http://www.youtube.com/watch?v=ivASIwtHALM&feature=related
 トロイカ(Nisha):http://www.youtube.com/watch?v=kClziLgk65c&feature=related
 トロイカ(リュドミラ・ズィーキナ):http://www.youtube.com/watch?v=ODrd6jSYwHQ&feature=related

ロシアの民謡はいかがでしたでしょうか?

 次回は、フィリピンの歌をお届けしたいと思っています。

投稿者:S. Tanishi at 10:30 | 国際理解 | コメント(1)

2011年5月25日

外国の歌を原語で歌おう!(2)

大家好!tianxiです。
 第2回目の今回も中国語の歌です。
 アジアの歌姫とも言われたテレサ・テン(台湾人)の普通話(標準語)、台湾語、広東語の曲をご紹介したいと思います。私は33歳から中国語の勉強を始めたのですが、私より1歳年下の彼女が42歳という若さで亡くなってしまったことは本当に惜しいことです。
 
 テレサ・テンといえば、日本でリリースした「つぐない」、「愛人」、「時の流れに身をまかせ」が大ヒットしたので多くの皆さんがご存じかと思います。テレサ・テンのきれいな歌声を聴きながら、自分でも歌いながら中国語の発音を学びました。「歌って学ぶ中国語」、まさに一石二鳥です。
 
 それではまず、普通話の曲「何日君再来」です。この曲は中国語を学び始めて最初に覚えたもので、途中に「来来来,喝完了這杯再説罷」という台詞が入りますが、この意味は「さあさあ、この杯を空けてまた話しましょう」ということで、この曲も宴会を盛り上げるのに役立つ歌ですね。
 歌詞と楽譜は次のとおりです。
 <画像クリックで拡大、印刷もできますよ!
 7884dda24ca0ceeb  8554dda14d03c741

 続いて、彼女の地元台湾の曲「雨夜花」です。 初めてこの曲を聴いたのは高松さんという元警察の大先輩で、彼はこの曲を台湾語と日本語の両方で聴かせてくださいました。この日本語の歌詞とメロディーが素晴らしく調和していてすぐに大好きになりました。この曲も台湾の人なら誰でも知っていますので、日本語と台湾語の両方の歌詞で歌えば宴会は大いに盛り上がるでしょう。
 発音記号は「台湾語辞典」によるものです。
 
>1554ddc4bac77011 1894dda1565daeac

 そして、広東語の曲「東山飄雨西山晴」です。 テレサ・テンが大好きになって、彼女のCDを片っ端から集めて聞いていたら、広東語の歌も入っていました。そして、いくつかの広東語の曲の中でも最も気に入ったのが「東山飄雨西山晴」です。
 これを何としても歌えるようになりたく、広東語の教材を買い込みました。なかなか会話は難しいのですが、これも台湾語と同様に辞書で発音記号を調べ、何とか歌えるようになりました。
  
1904dda24fe2caa9 

 以上3曲です。
 以下のURLから歌を聴くこともできますよ!
 「何日君再来」 : http://www.youtube.com/watch?v=dYXkxyaA38M
 「雨夜花」 : http://www.youmaker.com/video/sv?id=1f83a40abe494c308d2d87efb7377136001
 「東山飄雨西山晴」 : http://www.dailymotion.com/video/x8abzv_yyy-yyyyyyy_music

  中国語の歌はいかがでしたでしょうか?次回(第3回)はロシア語の歌をご紹介したいと思っています。

投稿者:tianxi at 09:42 | 国際理解 | コメント(4)

2011年5月20日

外国の歌を原語で歌おう!(1)

  Tianxiです。
 私は外国の歌を原語で歌うことを趣味にしています。
 この趣味は外国のお客様との懇親会のときに大変役に立ちます。

 特に中国の方は日本人以上にカラオケの大好きな方が多く、宴会を盛り上げるのに最大の効果があると言っても過言ではありません。
 
 初対面の外国の方々と素早くうち解ける方法として、片言のお国のことばでのあいさつ、そして、お国の歌をうたう、これで完璧です。

 これから何回かに分けて皆様に私がよく歌う外国の歌を紹介いたします。

 とりあえず第1回目の今回は、ほとんどの中国人が知っている標準語の歌「大海a故郷」です。ちょっと古い映画の主題歌です。(私はこの映画を観たことはないのですが・・・)
 この曲は老若男女問わずすべての中国人に受ける歌です。
 この写真の盛り上がりをご覧ください!!
 

 さて、この歌詞です。
 <画像クリックで拡大、印刷もできますよ!
 中国語を勉強している方はYouTubeで曲を聴いて練習してみてください。歌いやすく、盛り上がること間違いなしの曲です。

1054dd4c9151754c

 中国や韓国、フィリピン、ロシアなど、まだまだネタがたくさんありますので、これからもご紹介したいと思っていますのでよろしくお願いいたします。


投稿者:tianxi at 10:40 | その他 | コメント(2)

トップページ2011/06 >>
▲このページのトップへ