|1/6ページ | 次の20件 >>

2019年1月30日

喜多謙一「野次喜多本」100人似顔絵展 黒澤淳一・画

◆石川国際交流サロン◆

【展示情報】

時間:10:00〜18:00 ※(金)(土)は20:00まで

※最終日は2月3日(日)16時まで

場所:石川国際交流サロン(金沢市広坂1丁目8−14)


現在「喜多謙一「野次喜多本」100人似顔絵展 黒澤淳一・画」開催中です。

金沢美大卒業で神奈川県鎌倉市在住の喜多 謙一さんのこれまでに出会った方々100名とのエピソードをまとめた著書「野次喜多本」、そこに掲載された100名の似顔絵原画、他関連イラストが展示されています。画は大学の後輩の黒澤 淳一(東京都)さんです。
石川県にゆかりのある哲学者の西田 幾多郎や仏教哲学者の鈴木 大拙、俳優の森繁 久彌 等100人の似顔絵がご覧いただけます。

皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 14:01 | お知らせ | コメント(0)

2018年12月4日

金商・菫台高校卒業生6人写真展

◆石川国際交流サロン◆

【展示情報】

時間:10:00〜17:00

※但し、サロン開館は18時まで、(金)(土)は20:00まで

※最終日は12月9日(日)16時まで

場所:石川国際交流サロン(金沢市広坂1丁目8−14)


「金商・菫台高校卒業生6人写真展」 開催中です。


金沢商業高等学校と前身の菫台高等学校の卒業生の皆さん6名の写真展です。
旅先での思いがけない一枚を作品にした方、その逆で写真を撮るために旅行にでかけて素敵な作品を完成された方など、それぞれ自由な視点とテーマで撮影した作品27点が展示されています。


皆さまのご来場を心よりお待ちしております。



投稿者:石川県国際交流協会at 16:53 | お知らせ | コメント(0)

2018年10月9日

平成30年度上半期を振り返って

皆さんこんにちは、国際交流協会専務理事の魚です。
今年4月に着任して半年余が経過しましたが、ようやく初めてのブログ投稿となります。
実は私はこれまでブログの経験がなく、また元来筆無精なものですからなかなか踏ん切りが付かずここまで来てしまいました。これからは、筆まめだった田西前専務のようにはいきませんが、ぼちぼちと投稿していきたいと思います。
御蔭様で、IJSP(石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラム)の方は、今年度ここまで順調にきており、9月末時点で23グループ、220人余りの研修生を受け入れております。下期においても100人以上の受入を予定しておりホストファミリーの皆様には引き続きご協力のほどよろしくお願いいたします。
また、毎年恒例の県民フェスタは9月30日に実施しましたが、事前に台風の接近が予想されたため屋外の催しを取り止めざるをえませんでした。そのため例年に比べると寂しい内容となってしまいましたが、それでも多くの方にお越しいただき大変ありがたく思っています。
今後とも国際交流協会をよろしくお願いします。  

投稿者:石川県国際交流協会at 16:44 | お知らせ | コメント(2)

2018年6月20日

平成30年度 金沢大学留学生の茶器展

◆石川国際交流サロン◆

【展示情報】

時間:10:00〜18:00
 
※(金)(土)は20:00まで、最終日は6月24日(日)

場所:石川国際交流サロン(金沢市広坂1−8−14)


金沢大学留学生による茶器展です。
「日本文化・社会体験プログラム」において陶芸家・十一代 大樋長左衛門氏の指導を受け制作された茶器を展示中です。シンプルなデザインにシンプルな色使い、作者の皆さんの個性あふれる作品をぜひご覧くださいませ。

皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 10:10 | お知らせ | コメント(0)

2018年6月5日

えがおのパワー 無心のアート

◆石川国際交流サロン◆

【展示情報】
 時間:10:00〜18:00※(金)(土)は20:00まで
※6月11日(月)は休館日、最終日は6月17日(日)17:00まで
 場所:石川国際交流サロン(金沢市広坂1−8−14)


主催は内灘町手をつなぐ育成会の皆さまです。
知的障害をもつ人達とそのご家族が15年間様々な活動をされていて、そのひとつに絵画制作があます。上手に描くことよりも「楽しんで描く」ことをモットーに、今回サロン内を自由でワクワクするような笑顔溢れる作品たちでいっぱいにしていただきました。


皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 15:20 | お知らせ | コメント(0)

2018年5月30日

水引展「新緑のサロンを飾る」

【展示情報】時間:10:00〜18:00

※(金)(土)は20:00まで、最終日は6月3日(日)16:00まで



 毎年恒例になる自遊花人さんによる展示、今回は「水引展」です。館内の雰囲気が一気に繊細で色鮮やかな空間となりました。

パーテーションや風炉先屏風、花器やライトカバーなど、新作を含む25点の展示は必見です。

広間には通常置いてあるテーブルを取り除き、鮮やかでかわいらしい水引作品と今の季節にぴったりな爽やかで落ち着いた雰囲気の対極的な「新感覚」の作品がご覧いただけます。



皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 13:24 | お知らせ | コメント(0)

2018年5月16日

井上五郎+松田由喜子+神田龍馬=作陶展

【展示情報】時間:10:00〜18:00 ※(金)(土)は20:00まで
 
※5月21日(月)は休館、最終日は5月27日(日)16:00まで




初日からたくさんの方にご来場いただいております。

こだわりの焼成、こだわりの色彩、こだわりの造形。三者三様、土と火と向きあってつくりあげた作品が展示されています。


皆さまのご来場を心よりお待ちしております。


投稿者:石川県国際交流協会at 12:20 | お知らせ | コメント(0)

2018年5月8日

陶と花 一期一会

【展示情報】時間:10:00〜18:00
 
※(金)(土)は20:00まで、最終日は5月13日(日)16:00まで



 陶:高光 一生 / 花:廣瀬 美紀子 (自遊花人)

用の美、陶芸家の高光さんの作品を最大限に堪能していただこうと、究極にシンプルかつ美しく「自遊花人」の皆さまにお花を生けていただきました。野の花の自然な線と緑が本当に素晴らしいです。高光さんのお父様、洋画家の高光一也氏の作品もご覧いただけるユニークな展示となっております。



皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 16:24 | お知らせ | コメント(0)

2018年4月25日

−GW特別企画− 花岡コレクション加賀のお国染より「Japan Blue 加賀の藍染〜江戸末期から昭和初期〜」

現在開催中の展示「−GW特別企画− 花岡コレクション加賀のお国染より Japan Blue 加賀の藍染〜江戸末期から昭和初期〜 」


時間:10:00〜18:00 ※(金)(土)は20:00まで

※4月30日(月)は定休日、最終日は5月6日(日)17:00まで



 毎年ゴールデンウィークとお正月に開催される花岡コレクションの展示。今回で14年目27回目となりました。毎回お越し下さるリピーターの方、実はご覧になったことのない初めての方、外国の方、いずれの皆さまがご覧いただいても加賀の藍染の「美」と「COOL」を間近に堪能していただけるまたとない機会でございます。


今回、「野良着(のらぎ)」と言われる田畑で農耕作業をするときに着用する仕事着や「夜着(よぎ)」と言われる着物の形をした大形の掛け布団の展示など、初出品11点を含む合計32点の展示内容となっております。

また、和室に「花嫁のれんくぐり」 体験コーナーを設けました。

「花嫁のれん」は北陸地方、特に石川県に見られる婚礼時の伝統文化で、娘の幸せを願って嫁ぎ先に渡される嫁入り道具の一つで、婚礼当日に花嫁は嫁ぎ先に提げられた同のれんをくぐり嫁入りする。という風習がございます。この機会にぜひ花嫁気分を味わってみてはいかがでしょうか。



皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 11:51 | お知らせ | コメント(0)

2018年4月18日

「更谷 富造 漆アート展」

現在開催中の展示「更谷 富造 漆アート展」

時間:10:00〜18:00

※(金)(土)は20:00まで、最終日は4月22日(日)





  【雲龍(2018)】





 26歳で海外に移住し、漆芸品の修復、作家活動を始めてから今年で43年になる更谷さん。
「150年後でも人々の心に感動を与えうる、価値の落ちない作品づくり」が彼のコンセプト。

 今回の展示では、普段は見ることのできない「作品をつくる過程」をご覧いただけます。
素地となるもの、使用している道具や染料など、更谷さんが実際に使用されているものが作品と一緒に展示されております。



ただ漆の本質を求め、時代を超えた魅力と質に拘らんとする作家の姿をみていただければ幸いです。(更谷さんのDMより)






皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 11:28 | お知らせ | コメント(0)

2018年4月11日

智土 茂 香籠・香袋展(亡弟とともに)

只今の展示:智土 茂 香籠・香袋展(亡弟とともに)


開催時間:10:00〜18:00


※(金)(土)は20:00まで、最終日4月15日(日)は15:00まで




ただ今 国際交流サロンでは「智土 茂 香籠・香袋展(亡弟とともに)」を展示しております。





香籠、香袋を作り続けて23年になる智土 茂(ちど しげ)さん。

お嬢様の結婚が決まり花嫁道具のひとつとして衣装箪笥に忍ばせ持たせてあげたいと思ったことが香籠をつくるきっかけとなったそうです。ひとつひとつ丁寧で心のこもった作品は本当に素敵です。

京都で職人をされていた弟さんが3年前にお亡くなりになり、今回 故人を偲び智土さんの作品と一緒に写真パネルや作品展示がございます。











皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 13:19 | お知らせ | コメント(0)

2018年4月4日

5人の写真仲間 それぞれの作品展

只今の展示:5人の写真仲間 それぞれの作品展


開催時間:10:00〜18:00

※(金)(土)は20:00まで、最終日4月8日(日)は17:00まで

ただ今国際交流サロンでは「5人の写真仲間 それぞれの作品展」を展示しております。


国画会写真部ほくりくに所属する石川県在住の写真仲間5人のそれぞれ独自の視点による約30点の季節感あふれるユニークな作品展です。



入口には満開の「枝華桜」の作品が皆さまをお出迎えし、
金沢市ひがし茶屋街の風景や白山市白峰の古民家など、自由なテーマでギャラリーを彩っております。









皆さまのご来場を心よりお待ちしております。





投稿者:石川県国際交流協会at 12:14 | お知らせ | コメント(0)

2018年3月29日

さんどめの絹絵展

只今の展示:さんどめの絹絵展

開催時間:10:00〜18:00

※(金)(土)は20:00まで、最終日4月1日(日)は17:00まで



ただ今国際交流サロンでは今年で三度目となる絹絵展を開催しております。

尾小山さん、野呂さん、隅屋さん、そしてお三方の絹絵の先生、金沢学院大学平木教授の作品が15点並びます。



出展者それぞれが自分の目を通して自然と向き合い、ありのままに描かれた絹絵に心が癒されます。



自然と出会う瞬間もまた人とのそれと同様、一期一会ですね。







コノサカヅキヲ受ケテクレ

ドウゾナミナミツガシテオクレ

ハナニアラシノタトヘモアルゾ

「サヨナラ」ダケガ人生ダ



(勧酒 干武陵 訳 井伏鱒二)



皆さま、お花見と合わせて是非国際交流サロンにも遊びにおいで下さいませ。



投稿者:石川県国際交流協会at 12:27 | お知らせ | コメント(0)

2018年3月14日

宮本玲子写真展 アジアの子供

只今の展示:宮本玲子写真展 アジアの子供

開催時間:10:00〜18:00

※(金)(土)は20:00まで、最終日3月25日(日)は16:00まで



ただ今国際交流サロンでは宮本玲子写真展 アジアの子供を展示しております。

宮本玲子さんはベトナムの山間地帯に20年近く通い、アジアの子供達のありのままの姿や暮らしをとらえてきました。



印象的な赤い衣をまとった少年僧から、死者の遺灰を運ぶ老人と子供など現地の子供たちのリアルな生活が写し出されています。












情感豊かな写真の中にいるアジアの子供たちにぜひ会いに来てみて下さい。
お待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 13:35 | お知らせ | コメント(0)

2018年3月7日

羽咋の写真仲間展3

只今の展示:羽咋の写真仲間展3

開催時間:10:00〜18:00

※(金)(土)は20:00まで、最終日3月11日(日)は17:00まで



 ただ今国際交流サロンでは羽咋の写真仲間展3を展示しております。

今回で3回目となる羽咋の写真仲間展は羽咋写真協会の方々が毎年能登の自然やお祭りを撮ったものを発表しています。

今年は16名の会員の方々が作品を出品されています。





 能登に住んでいる人々のファインダー越しの世界。あっと息をのむような神秘的な風景や雄大な自然、加賀の方では見られることが少なくなった熱いお祭りや、古式ゆかしい文化行事の命脈が見て取れます。





 能登は優しや土までも。忙しい日常にほっと一息、能登の写真仲間達がとらえた能登の姿を見に来られてはいかがでしょう。

お待ちしております。

投稿者:石川県国際交流協会at 11:00 | お知らせ | コメント(0)

2018年2月21日

高村右暁 日本画展 (加賀絵師の周辺)

只今の展示:高村右暁 日本画展 (加賀絵師の周辺)

開催時間:10:00〜18:00

※(金)(土)は20:00まで、最終日3月4日(日)は17:00まで



 ただ今、国際交流サロンで開催中の展示は、「高村右暁 日本画展 (加賀絵師の周辺)」です。

 高村右暁さんは1867年(慶応3年)加賀藩細工所出仕の狩野派絵師の家に生まれ、祖父に絵筆を学びました。

日本画の評価もさることながら、多くの門下生を持ち北陸の画壇の向上発展に貢献された方です。





 昨年、生誕150年記念展が当サロンにて開催されました。

 今回はそのパート2展として画業70年の中で京都四条派の師、郷土の金城画檀の仲間達、俳諧結社 暮柳舎との親交及び郷土の文人との交流が紹介されています。

明治から昭和にかけた作品及び俳画、下絵、手本等も展示されています。






皆さまぜひお立ち寄りくださいませ。


投稿者:石川県国際交流協会at 16:25 | お知らせ | コメント(0)

2018年2月9日

銀飾りひいな〜すずきまみ〜

只今の展示:銀飾りひいな〜すずきまみ〜

開催時間:10:00〜18:00

※(金)(土)は20:00まで、最終日2月18日(日)は17:00まで



ただ今国際交流サロンでは 銀飾りひいな〜すずきまみ〜 の展覧会を開催しております。

作家のすずきまみさんは、銀細工の制作を50年、「銀飾りひいな」の制作を20年続けてこられ、今回で最後の展覧会となります。




中国では昔、3月3日にみそぎをして、不祥を払う行事を行いました。

この風習が日本に伝わり、朝廷・貴族の行事として3月3日に川辺に出て、祓(はらえ)を行い、宴を張る(曲水の宴)ならわしが生まれたそうです。

さらに民間でもこの日は婦女子の祝いの日として草餅・桃酒・白酒などを食べたり飲んだりするようになり、やがてこれが今のひな祭りの行事に近い形となったと言われています。





小さくて、かわいい、手作りの人形たちから、とてもぬくもりが感じられます。

すずきさんの最後の想いが込められた展覧会です、是非お立ち寄り下さい。


投稿者:石川県国際交流協会at 15:38 | お知らせ | コメント(0)

2018年1月30日

blu e blu ふたり展

只今の展示:blu e blu ふたり展

開催時間:10:00〜18:00

※(金)(土)は20:00まで、最終日2月4日(日)は17:00まで



ただ今国際交流サロンでは丸田外美江さん、高山静子さんによる”blu e blu ふたり展”を開催しております。

昨年3月に京都造形芸術大学通信部(洋画コース)を卒業されたお二人による初のふたり展です。高山さんはもと看護師、丸田さんはもと理学療法士で、退職されてから絵を始められ、約8年をかけて卒業されました。



この展覧会にむけて制作された作品と卒業制作含め計21点が並びます。



お野菜(サラダなど)やその根(ルーツ)、お菓子のビーンズなどがカラフルに優しい光で描かれた作品達がサロンを空間を鮮やかに包み込みます。




「これまで関わって下さった方々への感謝とこれからの自分たちの想いを込めてこの展覧会を開きました」と高山さん。




2月4日(日)までです。

皆さまどうぞお二人の世界観に触れにサロンまでお立ち寄り下さい。



投稿者:石川県国際交流協会at 16:04 | お知らせ | コメント(0)

2018年1月27日

第36回石川県外国人日本語スピーチコンテスト

 第36回石川県外国人日本語スピーチコンテストを開催いたしました。
 今回は、10名の出場者が発表を行いました。

 13名の出場予定でしたが、これまでの最高の猛威を振るっているインフルエンザの影響で、航空石川から出場予定だった3名がインフルエンザにかかって、急遽キャンセルとなりました。
 雪道でお客様の入りが心配されましたが、おかげさまで満席となり、出場者の興味深いスピーチに熱心に耳を傾けいらっしゃいました。

参加者、テーマ等は以下のとおりです。

1 キム・ソンウン(韓国)
  「慣れの苦しみと楽しみ」

2 サカモト・フォン(ベトナム)
  「日本人とスマホ」

3 スウ・イチタツ(中国)
  「人生の選択肢」

4 グラドキフ・クリスティナ(ロシア)
  「人と人の付き合い方」

5 ヒンダーウィ・オムラン(シリア)
  「日本と繋がりのブリッジ」

6 タカノ・サユリ(ブラジル)
  「おばあちゃんの日本語」

7 ヨウ・シン(中国)
  「石川県、大発見!」

8 ウォン・チョン・ピン(香港)
  「最近のお父さん」

9 オチャロ・ンヤンチャマ・ハリエット(ケニア)
  「私の好きな言葉 」

10 グエン・ティ・イエン(ベトナム)
  「日本の不思議発見」



投稿者:石川県国際交流協会at 14:48 | お知らせ | コメント(0)

2018年1月17日

季にあひたる 和のしつらい 洋のしつらい

只今の展示:季にあひたる 和のしつらい 洋のしつらい

開催時間:10:00〜18:00

※(金)(土)は20:00まで、最終日1月28日(日)は17:00まで



ただ今国際交流サロンでは 季にあひたる 和のしつらい 洋のしつらい の展示をしております。

金沢で生まれ育ち、東京で活躍されている、ライフコーディネーター早川由紀さんの、

”和魂洋才”をテーマにした美しいフラワーアレンジメントやテーブルセッティングが館を彩ります。











古式ゆかしい日本家屋に和と洋の融合されたしつらいが見事な空間を演出しています。

どなたでもどうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

投稿者:石川県国際交流協会at 11:40 | お知らせ | コメント(0)

|1/6ページ | 次の20件 >>

▲このページのトップへ