国際交流員の紹介

アンドリューヒナ アンナ ロシア出身

アンドリューヒナ アンナ

Andriukhina Anna

  • ロシア イルクーツク市出身
  • 2013年 イルクーツク国立言語大学日本語学科卒業
  • 2008年 石川県日本語・日本文化プログラムに2か月間参加
  • 2011年 大阪大学に1年間留学 (日本語・日本文化専攻)
  • 2014年8月より、石川県国際交流協会で勤務
  • 趣味 : 旅行、陶芸、本、映画など

皆さん、 ズドゥラーストゥビィチェ!

 

2014年8月から石川県国際交流協会に働くことになったアンナと申します。アンナがフルネームで、愛称はアーニャです。自然や歴史の豊かなイルクーツク市から来ました。

 

2008年に石川ジャパニーズ・スタディーズ・プログラム(IJSP)に参加したことがあり、親切にしていただいたホストファミリーや石川県の方々のおかげで思い出いっぱい、素晴らしい留学経験となりました。

 

そして、当時ロシアの国際交流員として働いていた先輩に、慣れない外国暮らしにいろいろアドバイスを貰ったりして、とてもお世話になりました。先輩のロシアについて必死に紹介する姿や、素晴らしく真面目な働きぶりを見て、彼のように日本で働いてみたいと思うようになりました。そんな彼に一歩でも近づきたいと思い、人生初めて、憧れる存在となりました。

 

今回、私が彼と同じように、国際交流員として石川県に勤務することができ、大人はもちろんですが、主に子ども達にロシア語や、ロシアの文化を伝えたいと思います。なぜなら、子供の頃に自分の中の世界を広げると、将来、世界中どこの国の人とでも簡単に交流でき、世界が、特に隣の国々がどんなものか分かるようになるからだと思います。

 

私の金沢滞在は、忘れられない思い出いっぱいの留学になりました。特に日本の陶芸に興味を覚え、それがきっかけで、大阪留学の際は陶芸の研究に励んでいました。私が実際に日本の美しさに触れたのと同様に、日本人にもロシアの魅力、素晴らしさを少しでも多くの日本人に伝え、ロシアに憧れてもらいたいです。

 

また、将来、ロシア語やロシア文化だけではなく、世界の国々についてもっと興味をもってもらえるように、私はできる限りの力を使って国際交流員としての仕事を頑張りたいと思います。 後々、私の目を通して感じた日本文化や日本の習慣をロシアに紹介していきたいと考えています。

 

皆さんに会える日を楽しみにしています。

 

 

 

 

お問い合わせ

公益財団法人石川県国際交流協会
〒920-0853 金沢市本町1-5-3 リファーレ3階
TEL:076-262-5932 FAX:076-222-5932