国際交流員の紹介

蒋 露  (ショウ ロ) 中国出身

蒋 露  (ショウ ロ)

JIANG Lu

 

  • 中国江西省鷹潭(ヨウタン)市出身
  • 2018年4月より 石川県国際交流協会勤務

ニーハオ! 中国の国際交流員の蒋露(ショウ ロ)です。

中国江西省の出身で来日前は江蘇省人民対外友好協会で勤務し、江蘇省と石川県をはじめとする日本各友好団体との交流を担当していました。

1995年に江蘇省と石川県が友好都市を締結して以来、江蘇省人民対外友好協会と石川県国際交流課が両省県交流の窓口になっています。ちなみに、江蘇省人民対外友好協会は1983年に石川県日中友好協会と友好提携を結びました。なので、今回はご縁のある石川県で国際交流員として一年間働くチャンスに恵まれて本当に心から嬉しく思います。

来県前、ちょうどお花見の時期だったので江蘇省内の桜名所をいっぱいまわりました。その中で、最も印象深かったのは中日民間友好のシンボルとして31年間植え続けてきた3万本の桜の木からなる中国最大規模と言われる無錫市の鼈頭渚公園(げんとうしょこうえん)でした。 「国の交わりは民の親しみにあり、民の親しみは心のつながりにある」まさにこの言葉通り、両国国民が一心同体となって草の根の努力があってこそ、こんな絶景が見られるのではないでしょうか。

  • 無錫黿頭渚公園の夜桜



  • 南京城壁から一望できる鶏鳴寺の桜大通り


まだ来たばかりなのですが、由緒ある加賀百万石の城下町で、多彩な伝統工芸や伝統芸能で名を馳せている石川県に魅了されています。ただ、グローバル化の今日でもすべての方々がラッキーな私のようにその国に行って長期滞在するチャンスがあるわけではありません。ここで、私たち国際交流員や国際交流に関わる人々の使命が出ます。より多くの中国の人々に古色ゆたかな石川の魅力を知ってもらうと同時に、石川の人々にも中国の言語・文化などありのままの中国を知ってもらうことです。今後はこの使命を胸に抱き微力ながら精一杯頑張っていきたいと思います。

中国は960万km²もある広い国で長い歴史を持つ多民族の国です。南から北へと、東から西へと、地方によって、自然・風土・文化が異なっていますから、概して「中国はみんな・・・だ」という考えは通じないと思います。これはどの国においても同じだと思います。なので一人一人との交流を大切にし、またもしチャンスがあれば、ぜひ自分の目で中国の実情を見て、自分の心で中国人と触れ合って頂きたいです。

これから始まる石川県での一年間、皆様とのふれあいをとても楽しみにしています。友達いっぱいできたらいいなあと思っています。皆様、どうぞよろしくお願いします。

日本、こんにちは!

ようこそ!中国へ!

 

 

 

お問い合わせ

公益財団法人石川県国際交流協会
〒920-0853 金沢市本町1-5-3 リファーレ3階
TEL:076-262-5932 FAX:076-222-5932