国際交流員の紹介

ルーカス サビノ ダニエル ブラジル出身

ルーカス サビノ ダニエル

Lucas Sabino Daniel

  • 学歴 /職歴
  • ブラジル・ミナス・ジェライス州ジュイス・デ・フォーラ市出身
  • 2006年9月 ジュイス・デ・フォーラ連邦大学歴史学部入学
  • 2007年9月〜2009年9月日本学生支援機構奨学金を受け、2年間神田外語大学で交換留学専攻に日本語と日本文化
  • 2011年11月ジュイス・デ・フォーラ連邦大学卒業 歴史(専攻:世界史、ブラジルの歴史)
  • 趣味:フットサル、音楽、映画、剣道、お笑いやコメディ番組等
  • 2012年4月から(公財)石川県国際交流協会で勤務

Ola Pessoal!

はじめまして、ブラジルのミナス・ジェライス州から来たルーカスです。2012年4月から石川県国際交流協会のブラジルの国際交流員として働くことになりました。私のブラジルの出身地、ミナス・ジェライスは日本語に翻訳すると「宝石の鉱山」という意味です。1693年に金が発見されたことから、そう呼ばれるようになりました。直訳するとミナスは「金鉱」の意味で、ジェライスは「多くある、誰でも採掘していい」という意味になります。ちなみにブラジルの国旗の黄色い部分が地下資源、主にゴールドを表していて、現在のサッカーのブラジル代表「カナリア軍団」が着用している黄色いユニホームもそこからきていますが、その金はミナス・ジェライス州で発見されたものです。ルーカス ダニエル

 

日本と初めて出会ったのは2007年7月で、大学1年生の時でした。私のジュイス・デ・フォーラ連邦大学との交換留学で千葉県の神田外語大学で2年間留学しました。その時沢山の友達が出来て、結構顔の広いブラジル人になったのです。神田外語大学で色々なサークルに入って剣道や合気道をやりながら日本の楽しさが分かってきました。

 

今回金沢に来たきっかけは、日本での仕事の経験が出来て、留学時代に学んだ日本語を活かしながらブラジルの紹介が出来たら良いと思ったからです。金沢に着いた時にちょうど桜が満開の時期だったので、この綺麗な景色に引かれて、金沢が自分の故郷のように感じています。金沢は私の平和で綺麗な景色のミナス・ジェライス州と似ているところがあります。

 

大学ではブラジルの歴史を勉強したので、皆様が良くご存知のサンバとサッカーを超えて、この多様性のある大陸的で爽やかなブラジルを紹介出来れば嬉しいです。元気よく、明るいブラジルを発見しながら交流を楽しみましょう。街のどこかで私を見かけたら、是非気軽に「ルーカス君」と声を掛けてください!よろしくお願いします!

 

 

 

お問い合わせ

公益財団法人石川県国際交流協会
〒920-0853 金沢市本町1-5-3 リファーレ3階
TEL:076-262-5932 FAX:076-222-5932

ホストファミリー募集!

公益財団法人
石川県国際交流協会

〒920-0853
石川県金沢市本町1丁目5番3号
リファーレ3階

MAP 拡大地図を表示

TEL:076-262-5931
FAX:076-263-5931

Email:center@ifie.or.jp