公益財団法人石川県国際交流協会 - 石川県の国際交流に関する総合ポータルサイトです。


日本語左ブロック(アコーディオン)

日本語左フッダー


イベント詳細情報

イベントや催しの詳細情報

朝鮮語(中級,上級)音読演習 

開催日時 2019年4月 1日(月) 19:00 - 20:30
開催場所 金沢市長田本町チ22-2 
高麗 朝鮮語 音読 (中級以上)
*初級講座:休校中
内容   教室 3月末~10月(月2回)年15回 程度
   時間帯、曜日は受講生と相談して決めます。
  学びあうゼミナール方式です。
  教えるのでなく互いに学びあう会形式です。
   
  韓ドラマが魅力的なのは
 ストリーの構成や演技力の上手にもあるでしょうが、
抑揚が美しく、微妙で繊細な感情も表せる
 この言語自身の魅力にもあるのではないでしょうか! 
 
 ハングルは、文字の成り立ちが科学的で
 歴史的な絡みで日本語と文法的に語順も
 共通点が多いため、日本語母語者にとって
 極めて学びやすい言語と言えます。
 しかし、韓ドラを聞き取るには、より多くの 
 語句への理解とともに、そのフレーズを
 発音できねばなりません。

 なぜ音読?
 美しい響きを持つこの言語ですが
 長年日本語に慣れ親しんだ一般の
 日本語母語者が流ちょうに発音できる
 ようになるには、音読のトレーニングが
 必要です。自分が発音できてこそ、その音を
 聞き取ることができるのです。
  
 音読演習は、
  表現力や言語感覚も育ててくれます。

   外国語を学ぶ上で音読は大切な演習方法です。
  ピアノ奏者は手に音をなじませて美しい演奏を可能に
  します。音読演習は舌に言語の響きをなじませることで、
  発音、抑揚、そして自然に表現力を高めてくれます。
  日本語翻訳だけではいつまでも味のある表現は
  わいてきません。名文をたくさん聞き精読し、
  顎がだるくなるまで音読することで
  脳にネット網が形成されフレーズが湧き出てくるのです。
  精読と多読と言いますが、多読とは精読を多く
  こなすことです。

  音読演習は”言語脳”
  朝鮮語を朝鮮語で理解する脳(朝鮮語言語脳)
  形成のために不可欠です。
      
  高麗朝鮮語教室は、南北の教材を併用して
  きましたが、現在は北の音読の教材です。
  含蓄ある魅力的な表現が多いからです。
  朝鮮の文献のReadingを通して歴史を直視
  することになります。
  
  
  
   
参加費 1回 1200円 (*教材費込)90分
対象 高い水準をめざす中級者
定員 個人~2、3名(途中参加も可能)
申し込み方法 メール.FAX、電話
お問い合わせ   〒920-0041  
   金沢市長田本町チ22-2  東海ビル高麗
  TEL 076-223-1331   FAX 076-231-7199
  メール tonpocenter2016@yahoo.co.jp   
 

    


[ イベント情報一覧へ戻る ]